キャリパーオーバーホールのきっかけ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


キャリパーオーバーホールのきっかけ


・とある在る日。黒ロドのブレーキをチェックしたところブーツに小さな切れを発見。
 まぁいずれキャリパーのOHをしなくてはと思い、次の週に緑ロドも同じチェックを行った。


 まずは右フロント側

 ブーツに切れが生じてます。まぁ予想の範囲内です。




 次は左フロント
 恐ろしい事実に遭遇!


 気付いたかな?


 思わずヲイラの場合、重大な状況に対応できず、フリーズしてしまいました。(汗)
 ダストブーツってどういった機能だっけ?????
 その機能を保つ為にはどういった構造になっているんだっけ??????

 すげぇ初心的な内容が頭の中を駆け巡りました。


 そうなんですダストブーツがなぜか外れているんです!!!
 これじゃ外部からの水分、ゴミなどがほぼ自由にキャリパー内のシリンダーやピストン表面に錆と言う
 大敵を作りやすい状況に追い込んでそうです(泣)。

 と言う事で、黒ロドのキャリパーオーバーホール前に緑ロドのキャリパーを先にやっつける必要が出てきたのです。
 もちろんリヤも同時に作業です。




1.キャリパーオーバーホールのきっかけ 2.キャリパーOHの準備 3.分解<フロント編> 

4.分解<リヤ編> 5.組み立て<フロント編> 6.組み立て<リヤ編>  7.おまけ


あべっちロドスタのトップへ戻る