黒ロド オイル漏れ修理&タイミングベルト交換
黒ロド オイル漏れ修理&タイミングベルト交換等

6.組み立て:その2

・タイミングベルトのマーキングを新品にも同じ様に書き込みます。

------------------------------------------------------


・HLAによるいたずら防止(昔大変だった・・・・)の為に
 洗濯ばさみでカムが回ってしまう事によるタイミングベルト
 のズレを防止しました。

 手順としてはクランク側を合わせてから、カム側もあわせた
 気がする(笑)。まぁ何とかなるでしょう。

 洗濯ばさみの件は、以前、Web上で見た事があるので、
 ”これだ!”と思い見事にパクリ。

 これはNice Idea!

 最後に忘れず、テンショナーを締めて張り具合を調整の事
 これは随分、義父に教わりながらやってみた。

 張り具合は”慣れ”だね。
------------------------------------------------------

・じゃんじゃん周辺部品を取り付けていきます。
 フロントのカバー類。綺麗にしたので気持ちがいいよ♪
  *締め付けトルク:0.8〜1.1kgm

 クランクシャフトのボルトも締めた。
 流石に締めるにはセルインパクトでは出来ないので、

  ”人間インパクト”で締め上げた(笑)
 非常に原始的だが、上記ボルトにボックスレンチ+
 短いブレーカーバーを用意。更にデッカイハンマーを
 を用意する。このハンマーは重要!

 後はデッカイハンマーでブレーカーバーをひっぱたく!
 正規の締め付けトルク以上に掛かっている気がする(汗!)
   *締め付けトルク:11〜12kgm

------------------------------------------------------

・カムカバー側もそろそろ準備。

 古い液状ガスケットをまたもや割り箸で地道に取り除く。
------------------------------------------------------

・勿論、ヘッド側も。

 綺麗になったら、所定の場所に液体ガスケットを塗布して
 カムカバーを合体♪
 ガスケット塗布する場所は
------------------------------------------------------

・赤丸部部bが液状ガスケットを塗布する場所。

 角だからシールし辛いのでしょう。
------------------------------------------------------

・カムカバーが乗っかった♪
  *カムカバーの締め付けトルク:0.5〜0.9kgm

 画像では既にプラグコードも付いているし、あっちこっち
 の部品が元に戻ってます(笑)
------------------------------------------------------

・早く完成させたくって、画像はかなり飛んでる(笑)。

 Vベルト&Vリブドベルトも取り付け。

 じゃんじゃんパーツを取り付けて余り部品が無ければOK!
------------------------------------------------------

・で、既に冷却水を入れ、エア抜き始める。

 でも最初にエンジンかけてから、暫くHLAのカタカタ音が
 止まらなくてちょっと心配。でも何事も無かった様に約20分
 ほどで正常に。
------------------------------------------------------

・完成&久しぶりの着陸♪

 この後に試走を一週間以上、通勤で確認したが異常なし。

 あぁ組み立てられて良かった(笑)

 最後にお手伝いしてくれた義父&弟本当に有難う!
------------------------------------------------------



1.外す:ラジエター外し&エアーインテーク外し 2.外す:Vベルト、Vリブドベルト  3.外す:タイミングベルト 

4.降ろす:ヘッド(インマニ付き)とクラッチとフライホイール 5.現状把握:外したもの 6.組み立て:その1

7.組み立て:その2





あべっちロドスタのトップへ戻る