黒ロド オイル漏れ修理&タイミングベルト交換
黒ロド オイル漏れ修理&タイミングベルト交換等

2.外す:Vベルト、Vリブドベルト

・まずは手前のVリブドベルトを外します。
 これはクランクプーリー⇔パワステプーリー⇔エアコンプーリー
 を駆動しているベルトとなってます。<見りゃ判る?

 最初にパワステプーリーの支点のボルトを緩める為に
 画像の様に、プーリーのキリカキからボルトが見える様に
 します。場所が合わない場合はクランクプーリー回せば
 会う事でしょう

 ボルトが見えたらディープソケットの14mmで緩めます
 間違っても外しません!!!!!
 *締め付けトルク:3.7〜5.5kgm 
------------------------------------------------------


・順序逆になりますが、ベルトに回転方向をマーカーで
 書いておく。

 一応、今までのベルトのなじみもあると思うので。
------------------------------------------------------

・で、画像の”2”⇒”3”⇒”4”を緩め、”4”で
 ベルトを緩めながら、”2”の周辺を下に押すと
 ベルトが緩んで取れます。
  *2の締め付けトルク:3.2〜4.7kgm
  *3の締め付けトルク:1.9〜2.6kgm
------------------------------------------------------

・こんな感じに”下側”へ押す



------------------------------------------------------

・Vリブドベルト取り外し完了!








------------------------------------------------------

・ではVベルトを緩めましょう
 まずはアッチコッチ緩める前にウォーターポンププーリーの
 取り付けボルトを緩めておきます

 ベルトの張力でブレーキ掛かった状態の方が緩めやすいです
 勿論、外しません!
  *締め付けトルク:0.8〜1.1kgm
------------------------------------------------------

・Vベルト側はオルタネーターを攻めて緩めます。

 手順としては”@”⇒”A”を緩め、”B”でねじを
 締め上げて行き(だったかな?)、オルタネーターを移動します。

  *@の締め付けトルク:3.8〜5.3kgm
   Aの締め付けトルク:1.9〜2.6kgm
------------------------------------------------------

・@の部分はボルト&ナットで締め付けられているので
 奥側(エンジン側)をスパナ、手前側をラチェットハンドル
 を使用して緩めました。

 こんな感じに下側から緩めましたが、もっと楽な方法が
 あるはずです。
------------------------------------------------------

・Bのところはラチェットハンドルで地道にオルタネーター
 を移動させます。



------------------------------------------------------

・オルタネーターがある程度移動すれば、Vベルトは
 取り出し完了!



------------------------------------------------------

・プーリー類も外します。
 クランクプーリーはボルト4本で留まってます。

 *締め付けトルク:1.25〜1.75kgm

------------------------------------------------------

・取れた!



------------------------------------------------------

・ウォーターポンププーリーも取り出します

 この通り、最後に残ってしまうこのプーリー、
 ベルトの張力がなければ、プーリーを固定している3本の
 ボルトを緩め辛いと思います。
------------------------------------------------------



1.外す:ラジエター外し&エアーインテーク外し 2.外す:Vベルト、Vリブドベルト  3.外す:タイミングベルト 

4.降ろす:ヘッド(インマニ付き)とクラッチとフライホイール 5.現状把握:外したもの 6.組み立て:その1

7.組み立て:その2





あべっちロドスタのトップへ戻る