リヤスカート(リヤリップ)取り付け
リヤスカート(リヤリップ)取り付け


・以前から欲しかったNA6CE(NA8には廃盤)純正リヤスカート。ヤフ○クや中古部品の流通でもまず見かけることの無い
 この部品がなんと復刻版でとあるショップから発売されていた!
 見つけた二日後に発注。だって、本当に欲しかったんだモノ。

 因みに、2008年の初頭にG.R.クラフトさん村上モ−タースさんから発売された。私はG.R.クラフトさんを選定。
 理由は、たまたまインターネット上でFRPにも関わらず品質が凄く良いとの書き込みを見て決定。それ以上の
 理由は無し。



準備するもの

・準備するものはコレぐらい
 *強力な両面テープ
 *ペイントマーカー
 *電気ドリル
新品はいいねぇ
 どーでも良いことだが、今回作業に当たってまずロドスタ周辺を片付けた。  自転車だけでも既にロドスタを囲みつつある(泣)  子供が多いので仕方ありませんが・・・・
新品はいいねぇ

現状 ・既に見慣れているので、特におかしくは無いけど一応掲載
こんな感じ
 ここにリヤスカートが付くと良い感じになるんですよ。<個人的趣味では
穴明け ・ココから先はあくまで私のやり方なので、正式な方法は別途他の所で調べた頂いた方が良いと思います。 1)両面テープを張って下準備  ・こんな感じにリヤスカート取り付け面に両面テープを貼って行きました。  
こんな感じ
こんな感じ
2)穴あけ準備  ・まずは純正の泥除け用の穴が既にバンパー側に開いてますので、ここでボルトを仮締めします。
こんな感じ
   後は良さそうな位置を見つけて、両面テープで固定します。 3)穴あけ  ・仮止めされたリヤスカートの取り付け穴からバンパーに穴あけ箇所をペイントマーカーでマーキング   します。
こんな感じ
 マーキングできたら、リヤスカートを取り外して穴を開けます。因みに下穴6.2mmで開けました。
こんな感じ
 こんな感じに穴が開いてるはず(ピンボケ失礼)
こんな感じ
 長いほうのパーツも同様に・・・・
こんな感じ
こんな感じ
 この長いパーツを取り付ける時に気付いたのですが、バンパー側に既にマーキングが有るのでこの  マーキングで付けられる?と思ってはいけません。
こんな感じ
 微妙にずれます!!!やはり現物ベースで穴あけしましょう
取り付ける ・後はその穴にあわせて付属しているボルト&ナットで取り付け  
こんな感じ

完成! ・この目立たないけどなんかちょっと違う感じが好き!  上が取り付け前、下が取り付け後
こんな感じ こんな感じ
リヤビューです。ちょっとコントラストが強くって余計に目立たないか?????
こんな感じ
あべっちロドスタのトップへ戻る