ハードトップ サイドのフック 交換
ハードトップ サイドのフック 交換


・ハードトップ サイドのフック(ディタッチャブル トップ ロックと言うらしい)の
 ネジが伸び切ってしまったので、Web上のネタを真似してターンバックルで締め付
 けました。
 
 モトネタはWeb上に一杯転がってました。詳細はそっちを見た方が詳しいかも。



事前の準備

・ターンバックル (20cm位)
・アイボルト (M8orM8 並み目だったと思う。忘れた) x 2個
・M8のロングボルト(首下60mmぐらいだったかな?) x 2本

 以上を1000円以下で近所のジョ○フル本田にて入手。


以前の状態  通常はこんな感じに付いているハードトップの ハードトップ側のフックを外し、  車体側のキャッチを留めているM8を取り外す。
まぁ普通の状態

交換後  こんな感じについけて終了。ターンバックルも適当に締め付けてます。  コレだけでも段差乗り越えた時の軋み音が減少しました。
これ
 私の場合は、オクヤマのロールバーが付いていた為この様な取り付け方法になりましたが、  ロールバーの位置によっては(例えばM2 1001の様なサイドフックが付けられない形状)、  車体側の固定場所を、純正トノカバー固定部にアイボルトを固定してターンバックルで  固定している方も居ましたので、あくまでコレは私の場合という事で。
あべっちロドスタのトップへ戻る