デフバラシ
NA8 Sr.2のデフをバラス



・LSDをインストールするデフをばらしてみる。
 どうせ、下記パーツを新規で組み込まなくてはならないのでばらしてついでにいろいろチェックしてみる。
  *デフのオイルシール
  *デフケースボス部のスラストベアリング
  *デフマウント

 さて、某所にその検体を持ってきた。
じゃーん♪
 この場に持って来るまでに掃除のおばさんや3Fの他社の方々に熱いまなざしを頂いてしまった。  仕方あるまい。昼休み中にこんなものを運んでいる俺がおかしい(笑)
 多分デフをバラス上で気になるのが、ついでだからデフマウントも交換しちゃえ!って所だろう。  当然、TKOさんにも勧める。しかも純正よりなぜか安価な強化品を進める(笑)。  なんで数の出ない、しかも純正とは別の材質(と思う)のはずの強化品が純正より安い?う〜ん理解に苦しむ。  でこれがWeb上なんかで抜くのに苦労しているデフマウント。こんな感じに圧入されている。  場合に寄ったら焼ききったり(怖)、整備書の通り、マウントにドリルで穴掘ったり。
なんでそんあ難しくデフマウント抜いているんだ?

 ついでに反対側はこんな感じに耳が出ていてこっちの面からは押すことは出来ない。やはり上の画像の  状態から抜くのがいいだろう
この耳が出ているのでみんな面倒?

 では早速マウントを抜く。おいらは面倒なのでマウントと同じ大きさの適当なジグを持ってきてウエスを挟みつつ
こんな感じ
 ”打つべし!”      ”打つべし!”           ・・・・・・・  ってやっているとこんな感じに少し抜けてくる。もう少し!
出てきた♪
         ”打つべし!”              ”打つべし!”・・・・・・・・・・・・・・・  って2〜3分/片側やってたら無事抜けた
抜けた♪
 デフマウントを抜いたところはこんな感じに汚れている。当然、清掃♪
マウントがなくなったぁ♪

 今度はデフケースを二つにわける。まずは分解。
地道に外す
 こんなところに一本だけ長いボルトが入っている。要注意!  更に良く見てみると、マスダンパーが付いてます。音振に苦しんだ証拠ですね(笑)。  まぁこんなの付いていてもロドスタの音振は凄いけどね。
これっす

 その地道な作業が実ってデフが見れた。  MTのSr.2ってノーマルデフの設定ってあったの?
様子が変
ばれた

 でこの日の作業は今付いている液体ガスケットの除去。  ガスケットリムーバーではがすはがす!!!!  これは使用前(ケース入力の端面インロー部に注視)
汚れが見て取れます
 これが除去後。満足です。
新品みたいだ!
 ちなみに黄色いペイントは、ファイナルが本当に4.3なのか確認したかったので歯数を数えた時に付けただけ。
 次回はいよいよ組み立て♪
あべっちロドスタのトップへ戻る