コンビネーションスイッチ 応急処置
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


コンビネーションスイッチ 応急処置


・中古で買ってからウィンカーを出すたびにパッシングしてしまう黒ロド。
 このままでは前者を煽っている様で非常に心苦しい。
 かといって新品購入するのも気が引ける。 

 レバーを触った感じででは、ウィンカーを出す時に、手前へ微妙に倒れるとハイビーム
 が付いてしまうようだ。
 って事は、手前に倒れづらくすればいいのでは????

 って事でゴムひもで応急処置を施してみました。



用意するもの


・ゴムひも
・エアーダスター

 程度かな?


バラす まずはコラムカバーを下側を留めているボルトを緩めて上下に分割します。 その後、 『プッシュー!』 とエアーダスターでゴミ飛ばしておきましょう。凄いですよホコリ(笑)
これ
そしたらコンビネーションスイッチに繋がっているコネクターを外します。
これ

応急処置 ココでゴムひも登場! 下の画像の様に、適度なテンションが掛かった状態でゴムひもを引っ掛けます。 丁度、コネクターのメス側辺りに私は引っ掛けました。 因みに、ゴムひもは結構伸びるので、最初はきつめでよいと思います。
これ
そしたらコネクターを繋いで、コラムの蓋して終了♪
これ

備考 このゴムひもですが、おそらく2〜3回は調整しないと、次第にゴムひもが伸びてきて 元の様にパッシングしやすくなってしまいます。
あべっちロドスタのトップへ戻る