ワンマンブリーダーでブレーキ&クラッチオイル交換
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ワンマンブリーダーでブレーキ&クラッチオイル交換


・会社の先輩にブレーキ&クラッチオイル交換用のワンマンブリーダーを借りた♪
 早速試してみた。

 何時も2人必要としていた作業がが1人で出来るなんて素晴らしい!
 って随分前からこんな商品有りましたよねぇ(笑)




事前の準備

・ワンマンブリーダー
・廃油受け (ありがちなペットボトルで代用)


クラッチオイル交換 画像の様にパイプを接続<非常に見づらい画像です>。本来はクリップもきちんとブリーダー部に接続する。 1.リザーバータンク内のオイルをスポイトで有る程度取り除く。ついでにタンク内も清掃。 ここまでは何時もと一緒 2.この後は二人作業と違って、ブリーダー部をいきなり90°ぐらい緩める。 3.クラッチペダルを踏み続ける。オイルが無くならない様足すことも忘れず。 4.気が済むまで(笑)
こんな感じ
やはり一人での作業のせいか、オイル捨てる量が多いかな? 交換したオイルは汚れてます。なんでクラッチオイルは汚れやすいんだろう?
こんな感じ

ブレーキオイル交換 作業はクラッチ側と一緒です。画像は右後ろですが、ブレーキオイル交換はマスターシリンダーから 遠い所から行いました。
こんな感じ♪

感想 これは良い商品です。いずれ欲しい商品なのは間違いない! アストロで安く売ってたしなぁ。 因みに交換した直後はクラッチ側、ブレーキ側どちらも綺麗なオイルなんですけどね。
こんな感じ♪
この後走ったら早速、クラッチ側は真っ黒になりました(大笑) どうやったらクラッチ側って綺麗になるんだろう?
あべっちロドスタのトップへ戻る