リサイクルバッテリーを買ってみる
リサイクルバッテリーを買ってみる


・緑ロドのバッテリーがあがった。その後、充電しても一週間経たずにすぐダメになってしまう。
 と言っても約6年強持ったので充分と言える。因みに最初のバッテリーは驚きの9年間も持った!

 さて、買い替えと言ってもロドスタのバッテリーは専用品で凄く高い。
 おまけに最近の鋼材値上げの影響で2007年10月よりバッテリ0が大幅値上げされるらしい。
 今まで2万ぐらいだったのが4〜5万(!)へ。

 なのでインターネットで色々調べると最近はリサイクルバッテリーとやらが出てきたようで、
 地球にもお財布にも優しい。
 ホームページ上の説明も理屈が通っている様なので買いかもしれない。でも周りに実績がない。
 ではヲイラが人柱になってしまえ!と思い切って購入。

 なんと、送料・代引き手数料・古いバッテリー引取り料金合わせて\7,000で済んでしまった♪

 さぁ、『安かろう、悪かろう』なのかどうか? 今後何年持つのか楽しみです。




届いた!


2007.09.30(日)。雨の降りしきる中、佐川急便のおじさんが重そうに運んできてくれた。<有難う
外観は非常に綺麗。
サクッ!
リサイクルバッテリーの再生方法や特許取得した内容について箱にアピールしている。 多分、認知度が低いんでしょうね<リサイクルバッテリー
サクッ!
中を開けると、保障の内容が書いてある紙切れが入っていた。 7000円で一年もしくは15000km保障してくれるとの事。充分です!
サクッ!
『安かろう、悪かろう』なのかどうか非常に気になります。 さぁこれからいつまで持つのか?
リサイクルバッテリー 純正相当品と言う事で聞いていたんですが、届いたものはパナソニック製で黒の筐体。 ひょっとしてラインで装着されていたヤツ? 多少の使用感は有るが(しょせん中古だし)、非常に綺麗なのである。 これで数年持てば充分だと思う。
これ

新旧比較 ちょっと恥さらしの内容ですが、バッテリーを外そうとしたら『外観』に違和感が(^^ゞ 更にバッテリー上面から水素が抜ける様にゴム製の配管がプラス側、マイナス側に夫々付い ているはずが???? なんとマイナス側は外れたままでトランク内開放(驚!!) バッテリーはメンテナンスフリーの意識が有ったので、全く見てなかった。 今後は要チェックです。 以下、ビックラこいた詳細内容。 【ビックラこいた内容その1】 1)今まで付いていたバッテリーは上蓋が吹き飛んでいた。しかも変形。  2)更にゴムキャップも吹き飛んでいて、バッテリーの中身がモロ見えだった。 つまり、ゴムホースが外れていたのは全くドーデもよくて、常時 『水素がトランク内開放状態』 だったのです。知らぬが仏とは良く言ったものです。 今まで事故が起こらなかったのは運がよかったのかな。
これ
充電する際に、上蓋&ゴムキャップを外さなかったのがまずかったかな???  でも一個目のバッテリー(9年持った)も同じく、蓋もキャップも外さず、何度か充電したけど こんな現象は起こらなかったぞ。 今後充電する時は、蓋&キャップを取ってから充電しようっと。。。。。普通はバッテリーの キャップ緩めて充電するもんね(^^ゞ 【ビックラこいた内容その2】  1)マイナス側のゴムホース外れ こんなホース外した覚えないもんナァ。 キャップや蓋が飛んでしまっている事から、水素発生時に取れてしまったのであろうか? もしくは、余り人のせいにするのは良くないけど、今まで付いていたバッテリーって、 某量販店で購入&取付けまでしてくれたんだよね。<確か その時、R33と同じく一箇所しかホースが無いと思ってつけたのかな? 謎のまま、迷宮入り決定(笑)
あべっちロドスタのトップへ戻る